病院での処方が一般的ですが、長期間の治療には経済的にやさしい個人輸入での購入という選択もあります。

抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する
抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する

抗うつ剤の入手方法

抗うつ剤の入手方法

2016年の夏の時点でデパスは向精神薬として認定されていないので、大体どこの病院でも処方してもらえると思いますが、パキシルやジェイゾロフトなどを筆頭としたいわゆる認定されてしまった向精神薬の長期処方は認められておらず、基本的には専門の病院に行かないと処方されません。

病院に行くのが煩わしいくらいに症状が進んでいたり、パニック障害などで外に出れない方もいるでしょう。病気の治療の方針を決めるのに病院というのは良い相談の窓口ですが、無知や点数稼ぎを目的とした医者が延々と治療を続けさせて薬を飲ませ、依存症状を引き起こさせるといったのも少し前までは問題とされていませんでした。

ここ10年の間に、病院が増え、薬を有効活用せんと勇んで投薬をした結果、以前よりも病院の数が増えるのと同じように薬依存の患者も激増しているのです。ですが、依存性があるからと言って薬を使わずに治すのはとても苦しく険しい道です。心の病気と言われども、神経の物質の問題だと言われているので、体の不調と捉えていい病気でしょう。

病院に行くのが面倒くさい方は

個人で購入

病院に行くことによって薬の服用の暗示をかけられてしまう心配があるならば、個人で購入して自制するという方法もあります。ただ、簡単に手に入ってしまうので付き添いの方の監督がそれなりに必要な場合もあり得ますが、そうでなければ医者の煩わしいカウンセリングもあのじぶんはどこかおかしいのだと感じさせるような気だるい心療内科の空気も体験する必要がありません。

薬の個人輸入と聞くと怪しく思えてくるかもしれませんが、正しく信用のあるサイトであれば試してみる価値があります。また、薬によっては処方されるよりも安く手に入ったり、大目に購入してストックを持ち、万が一の薬切れを防ぐという策もあるので、あくまで病院に通いながら会社にも行きながらと忙しく過ごされてる方にもお勧めです。

しかし、全く元気な方や病名が分からない方が薬を自己判断で服用すると逆に作用する場合があるので、まず必要のない方は服用しない、体の不調の原因が分からないという方は最初は医療機関への相談を推奨します。

デパスを購入