デパスは向精神薬でパキシルはその中の抗うつ剤SSRIとして分類されています。

抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する
抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する

向精神薬のSSRIとは

SSRI

選択的セロトニン再取り込み阻害薬のSSRIというものの解説をします。

これは主に抗うつ剤の分類の一つで薬の種類で述べた通り、新型の薬として扱われています。具体的な商品名で言えば、パキシルジェイゾロフト、レクサプロなどです。この系統のお薬は分類名と同じくセロトニンに対する効果があります。

何故、この物質を増やすのが大切かというとうつ病や不安障害を起こす一つの原因としてこの物質の絶対量が減少しているからと言われています。しかしこれ自体はいくら薬を飲んでも増えない為、薬によってセロトニンが吸収されて減らないように働きかけます。これによって脳内で細胞に情報を伝達する役目であるセロトニンが吸収されづらく、血液中にとどまることになるので実質的に濃度が上がることになるのです。

しかしながら、この仕組みが身体に影響するまでに2週間~2か月を要するということで従来の抗うつ剤と同じくして即効性はありません。薬の分量も書状によっては大抵、最大用量まで服用することとなり、一日に薬を何錠も飲まなければならないのが少々煩わしいところです。

また、SSRIはうつだけではなく、不安症や強迫性障害、双極性障害、摂食障害、パーソナリティ障害にも治療薬としても活用されています。

副作用は?

SSRIの副作用

副作用は他の抗うつ剤群と比べて少ないと言われていますが、吐き気や眠気、不眠、口の渇き、便秘、めまい、性機能障害、体重増加が挙げられます。特に吐き気に関しては服用開始直後は吐き気止めの薬を同時に処方することで対策を取るようです。さらに、性機能障害の副作用は薬の服用を止めれば回復するので、副作用を認識しても服用を続ける事は可能です。人によって副作用の影響が気になる場合は薬を変えるか量を減らすという選択肢になります。

この類の薬は最も一般的な抗うつ剤で新抗うつ剤としても歴史が長いので処方する側も薬自体に関して多くの患者に処方してきたことから、万が一の場合も相談次第でどうとでもなると思います。この薬の種類の効果を感じた方の数に対して、依存性も高く、いざ服用を止めるという時になって深刻な離脱症状が物議を醸しているので薬の減薬または、断薬する際は医師との相談が推奨されます。

パキシル(SSRI系)を購入
パキシル(SSRI系)を購入
デパスを購入