抗うつ剤は服用し続けると依存してしまい、無理な減薬や断薬は深刻な離脱症状を引き起こす傾向があります。

抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する
抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する

依存性と離脱症状

依存性と離脱症状

ストレスから引き起こされる痛みに用いられる薬がデパスという薬です。この薬は精神安定剤として分類され、いわゆるうつ病の治療に使われることもありますね。

一部では万能薬とも呼ばれ、心身症などの疾患や神経症、腰痛や肩や首のコリなどにも筋弛緩剤として作用し、睡眠薬として処方されることもあります。安全性は高いとされている薬ですが、睡眠に対しての効果を求めない場合は副作用扱いで眠気や脱力感がでることがあるので注意しなければなりません。

依存性がありますが、頓服の場合は気にすることはありません。作用も強く、体内での有効成分が薄まる時間も速いので、指示された分量を超える飲み方や長期連用をすると依存になる可能性はかなり高まります。

薬の依存はデパスだけではないのですが、それでもデパスによる依存性の高さは悪名高いものです。乱用者からすればデパスはラムネを食べるような感覚で服用され、それが習慣化しているケースも多々あります。

これはデパスの作用の即効性や向精神薬としての認定を受けていないことによる長期間の処方箋の出しやすさによるものです。医者の怠慢によって、必要以上の薬が処方されていることもありえます。

離脱症状と付き合うには

離脱症状と付き合う

依存は精神的かつ身体的に浸透しているので薬を止めることによって「薬がない」ということに不安を覚えたり、単純に身体の症状に対して効果がある成分がなくなったので今まで収まっていた症状が以前にも増して出たりということから服用を止めるというのは簡単ではないです。

言い換えるならば依存している状態で急に薬の服用を止めてしまうと離脱症状が起こり、強い不安感に襲われたり、幻覚が見える場合もあります。デパスに限ったことではなく、強い作用のある薬を断薬するには徐々に減薬していくことが大切です。

また、医者から処方を受けている場合は薬を減らしたいといってもいつまでも通院を勧めてくる点数稼ぎのヤブ医者も存在するので、本当にやめたいならば別の病院を受診するのも一つの手です。

デパスを購入