パキシルと同じ分類のジェイゾロフトは副作用も効果もパキシルよりは劣りますが、女性向けの抗うつ剤です。

抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する
抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する

ジェイゾロフトとは

ジェイゾロフト

デパスパキシルと並んで三番手に挙げられるの薬にジェイゾロフトというものがあります。これはパキシルと同じくSSRIに分類されますが、パキシルの作用が強すぎたり、穏やかに作用してほしい人や女性によく処方されるものです。何故かというと女性の方が作用が強く出るからだそうです。

有効成分としては塩酸セルトラリンというものでうつ病やうつ状態、パニック障害にも効果があるようです。作用の仕組みはパキシルと同じでセロトニンの濃度を濃くさせることで、SSRIの中では一番この効果が強いそうです。副作用も比較的少なく、離脱症状も少ないことから良いことづくめのようですが、人によっては効きすぎて躁状態になってしまうかもしれません。また、応用として上記の病気以外にも使われることがあります。

服用の仕方は25mgから始めて最大100㎎まで服用可能な1日1回制度です。効果が出始めるのが遅いのでやはり2週間は最低でも飲み続ける必要があります。やはり精神系の病気の治療には根気が要るのですね。

ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトの副作用

一応、覚えておいてほしいのが副作用のことです。ジェイゾロフトでは高確率で性機能障害が副作用として出ます。男性の方に気になる点だと思うので、男性の方は他の薬の方が良いかもしれませんね。勿論、服用を止めれば回復する話ですのでご安心ください。ちなみに便秘になりやすい精神系の薬ですが、こちらの薬だと軟便や下痢気味の傾向があり、元々便秘気味の方はいいのではないでしょうか。

続けて吐き気や眠気についても少なからず出る可能性はありますが、他の薬と比べると確率は低めです。体重増加の傾向も低いことから副作用においても女性向けなんだなあと感じられますね。

この作用もソフトであれば副作用もソフトである薬ですが、ジェネリックの発売もされて薬価も下がっています。併用する機会は少ないと思いますが、セレギニンやピモジドとの飲み合わせが良くない為、いずれにしても現在服用中の薬がある場合は医師との相談がよろしいかと思います。

パキシル(SSRI系)を購入
パキシル(SSRI系)を購入
デパスを購入