うつ病の原因で一番多いのはストレスには種類もあり、身体的ストレス、精神的ストレス、化学的ストレスがあります。

抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する
抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する

うつ病の原因

うつ病の原因

現代の日本、うつ病で悩んでる患者の方は多くいます。病院や、医療機関などに通ってる方だけではなく、うつかもしれないが認めたくないと、一人で悩んでる方も多いです。そんなうつですが、まだ日本では世間から病気として認められていないのも現状です。

うつは、甘えてる人がなるものだとか、考えすぎだ、心が弱いせいだと決めつけられたりもします。そんな中、もしかしてうつかも?となった時に、周りにどうみられるのかが心配で放置してしまう方もいます。

ではうつ病はなぜなるのでしょうか?

もちろん、原因はあります。はっきりとした定義はないのですが、頭の中の神経伝達物質が何らかの理由で、働きが鈍くなります。そして、他にもストレスや体調不良など様々な原因で発症するのでは、とされています。

やはり、一番多くの原因はストレスです。

ストレスの種類

ストレスの種類

ストレスにも種類があり、身体的ストレス、精神的ストレス、化学的ストレスなどがあげられます。精神的ストレスは、人間誰しも一番感じやすく、うつの症状も出やすいです。現代社会においてのストレスは、対人関係、仕事での悩み、学校での悩み、家庭での悩みなど上げだしたらきりがないほどあります。

いつもは全然大丈夫な事でも、急に不安になったり、心配になったりと、少しでもおかしいな?と感じたらそれは精神的ストレスがたまっている症状です。環境を変えるのは難しいですが、うつになる前に思い切って変えることも大事です。

次に身体的ストレスですが、これは、体にかかってくるストレスです。女性の場合、甲状腺ホルモンの異常から、うつになりやすい傾向にあります。精神的に悩んでいたわけではないのに、病気が原因でうつになる方も増えています。

そして化学的ストレスは、体に摂取する栄養素が原因でうつの症状が出てしまいます。じつはうつになりやすい栄養素があり、特にカフェインやアルコールはうつを発症しやすくさせるとされています。カフェインを多く含むコーヒーは眠いときに摂取すると、眠気を飛ばしてくれます。自律神経が乱れると、うつになりやすくなるので、無理に眠気を飛ばすことにより自律神経を乱すことになりますので、カフェインはうつになりやすいとされています。

うつで悩んでる方はあまりカフェインを摂取しないよう心がけましょう。アルコールも、飲んだ次の日など一気に気分が落ちることがあります。その場合はしばらくアルコールを避け、適度な量を飲酒するようにしましょう。

うつはれっきとした病気です。悩んでる方は悪化しないように早目に治療を始めましょう。

デパスを購入