心の病気であるうつ病は、デパスやパキシルなどの抗うつ剤で治療することができます。

抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する
抗うつ剤デパス・パキシルでうつ病から回復する
必ずおよみください。

平成28年9月14日に「麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部を改正」する旨が厚生労働省医薬・生活衛生局から公布されました。それに伴い、公布の日から起算して30日を経過した日であります平成28年10月14日から 「エチゾラム、ゾピクロン」が向精神薬に指定されます。

向精神薬は、基本的に個人輸入が禁止されいます。その為、平成28年10月14日以降は、「エチゾラム、ゾピクロン」を含みます「エチラーム(デパス)」などの薬を個人輸入できなくなります。

デパスの類似品
アザピロン系の抗不安薬→セディール
セロトニン作動性抗不安剤→バスパー
非ベンゾジアゼピン系の睡眠改善薬→ソナタ

うつ病とは

うつ病

「うつ病」と平たく言っても少なくとも小一時間ほどは説明に必要でしょう。

あまり分かってくれない人からすればそれは甘え、であり、専門医が説明すれば神経細胞が何らかの原因から異常を起こし、脳によってこれ以上の悪化を防ぐためにブレーキをかけている、とでも表現されるでしょう。人が何故うつになるのかの全ては現代科学では明らかにされていません。あらゆる専門家たちによって様々な仮説が飛び交うばかりです。

いわゆるうつ病の症状は皆さんが知っている通りで、それらの症状が出る状態が続くとうつ病と診断される確率が上がります。一般に対象者にとってそこそこの感情を持った人物との別れ、経済的な問題など耐えがたい一般事象に関しての落ち込みは一時的なものとしてうつには分類されないのですが、前述の通り、うつ病の明確な原因が明らかにならない以上、誤診されている可能性もありえます。

うつ病の治療をするには

うつ病の治療

では「うつ病」の状態を自力で脱出しづらい場合に使われるもの、といえば抗うつ剤です。抗うつ剤は向精神薬の一種でうつ病などにみられる気分障害を緩和させる薬です。PTSDやパニック障害の治療にも用いられ、効服用してから薬の成分量が体内で安定するまでのおよそ半月経過後から効果が見込まれます。

軽度の場合は抗うつ剤の投薬が必ずしも推奨されるわけではありませんが、進行している深刻な状況の場合は効果的な救済措置として服用による症状の改善をすることができます。抗うつ剤にも相性があり、以前は服薬により希死念慮を助長させてしまうといったケースが稀に検出されていました。しかし、近年では研究開発が功を成し、より症状を改善させ、副作用を減らす抗うつ剤も世の中に生み出されています。

今ではメンタルクリニックなどの心の病院(何らかの心理的原因からうつになる場合が多いので心、メンタルと表現されている?)が増えて比較的気軽にカウンセリングが受けられるようになったものの、いわゆるうつ病の薬はまだまだ開発中で薬価が高いことも多く、精神科系の特別な診療点数が加わるので初診で5000円程度の請求をされたりします。それに味を占めた悪徳な医者である場合は安易にうつ病の診断を下し、大量の処方箋を出して薬漬けにしてお金を稼ぐ人もいます。

実際に病院によってはろくな診察もせず(重度の患者の場合は信用していない相手にあれこれ話すことを嫌がる場合はさておき)、薬の処方の為だけに通院するという改善のための治療ではなく現状維持の治療になっている場合もありえます。この問題に関しては普通の病気や怪我と同様に信用のおける医者を探すというのが大切です。

その一方で、自分がうつだと意識して病院へ出向くのは何とも恐ろしいことで、病は気からという言葉もあるように「自分はうつかも」と思うことでより症状が悪化し、比較的脱却しやすいであろう一時的なうつ状態からうつ病になりうることもありますのであくまでも病名診断されに行くのではなく、症状の相談という名目の方が病院には足を運びやすいと思います。

うつ病と共にかかりやすい病気

うつ病と共にかかりやすい病気

さらに、うつ病と同時に併発しうる病気にパニック障害、不安障害、境界性パーソナリティ障害、摂食障害などがあります。もしくは統合失調症がうつと間違えられやすいです。前者においてはうつに焦点があてられるが故に見逃される可能性が高く、後者においては現代医療の進歩により、保険適用の検査で判別出来ます。

うつ状態が出るのは心理的な原因のみならず、甲状腺の異常などでの身体の不調もあり得るわけです。要は、「うつ」が判明しても、その症状に効果のある薬が分かれば、一々病院に行くことで気が滅入るということもなく、薬を通販で購入してしれっと社会に復帰もしくは本来の自分に戻るという選択肢もあります。

通販で気軽に買えるからといっていわゆるお薬ジャンキーになる可能性が少々心配ですが、通院の時間と憂鬱さとお金を惜しむのであれば、一番手軽に買える薬としてデパスパキシルジェイゾロフト辺りがあります。

それぞれの効果や薬の成分についてはまた個別に書きますが、これらの薬によって悩んでいる人の人生を元通りに出来たらいいなと祈っています。しかしながら、薬の効果に頼るだけでなく、出来ればうつ病の原因をなんとなく探して周囲の状況を変えていけるのであれば、より早く症状の改善が期待できます。

もちろん、しんどいな、と感じたときは思い切って休むことも大切ですので何となくでも危険信号を身体から感じ取ったらなるべく休んでくださいね。

うつ病治療薬ランキング

デパス

デパスとは抗うつ剤ではなく精神安定剤に分類されています。うつ病だけでなく、パニック障害や統合失調症、不眠症など幅広い治療に使われています。また、精神的な原因での筋肉の緊張もほぐす効果があるため、原因不明の肩こりや腰痛などを持つ患者さん向けに一般の病院でも処方されています。デパスは依存性が高いため、常用よりも症状が出た時のみの頓服を強く推奨します。

分類 精神安定剤、筋弛緩剤
効果 精神的原因からの痛みの緩和、入眠障害の場合は睡眠導入剤としても用いられる。薬の作用が短いので、服用頻度によっては依存性の傾向あり。
即効性 あり
パキシル

パキシルは抗うつ剤の第3世代として分類されるSSRIの一種で抗うつ剤の中でもデパスと並んで知名度があります。気分が落ち込んだり、悲観的になるのは神経伝達物質セロトニンの分泌量が影響しています。セロトニンは一度役割を果たすと吸収されてしまいますが、パキシルによって吸収を阻害し、セロトニンの量を増やさせることでパニック障害などの気分障害に効果があります。

分類 SSRI系向精神薬(抗うつ剤)
効果 SSRIとしては最古の薬。強い効果を持ってセロトニンに作用するので、気分が落ち込んだり、無気力な状態を改善させる。その分副作用も強く、改良された薬も発売されている。
即効性 なし(最低2週間~1か月)
ジェイゾロフト

ジェイゾロフトはパキシルと同じくSSRIに分類される抗うつ剤です。パキシルに比べると効果はやや弱いですが、その分副作用も軽減されます。また、ジェイゾロフトに限っては男性よりも女性のほうが効果が出やすいようです。うつ病の他、パニック障害やPTSDなどへの治療薬とひとつとしてセロトニンの量を吸収を阻害することによって落ち込んでいた気持ちを改善します。

分類 SSRI系向精神薬(抗うつ剤)
効果 穏やかに気分が上がっていくとされる薬。パキシルと比べると効果が弱まるが、その分副作用も和らぐ。女性によく効き目があると言われている。
即効性 なし(最低2週間~1か月)
パキシル(SSRI系)を購入

人気記事

新着情報

パキシル(SSRI系)を購入
デパスを購入