デパスやパキシルの抗うつ剤でうつ病からの卒業

デパスやパキシルの抗うつ剤でうつ病からの卒業

クスリの選択

うつ病の治療に使われるクスリを何種類か紹介したいと思います。
まず、抗うつ剤には作用別に分類することができ、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAなどがあります。
三環系のクスリは効果は強力だが、副作用が強く、重篤な副作用が発生する確立も高くなっています。
処方されることはほとんどなく、他の種類のクスリが効かない場合に処方されます。
また一番最初に開発された抗うつ剤であり、1950年代から使用されています。
三環系の副作用の問題を改善してできたのが、四環系のクスリです。
安全性は高まりましたが、効果が弱くなってしまい、深い眠りにつける特徴をもっています。
不眠を伴ったうつ病の場合に処方され、通常の場合には効果が薄いのであまり使用される機会は少ないクスリとなっています。
現在最も使用されている種類がSSRIであり、効果もしっかりあり、副作用も少なくバランスの取れているクスリとなっていて、第一選択としてまずはこの種類のクスリが処方されます。
副作用が少ない理由として、脳内のセロトニンだけに作用し、他の部分には作用することがないので、副作用の発現率を抑えることができています。
パキシルやジェイゾロフトといったクスリが有名であり、パキシルはSSRIの中でも作用が強めで、その分、若干ですが副作用も出やすいとされています。
ジェイゾロフトは、SSRIの中でも効果がやや弱めではありますが、穏やかに作用してくれることから、安全性を考慮してゆっくりと治療したい方にはお勧めのクスリとなっています。
他にもレクサプロ、サインバルタやエビリファイなども抗うつ剤としては有名です。
抗うつ剤の他にも抗不安薬なども治療に用いられることがあり、万能薬とも呼ばれているデパスの使用機会は多いです。
デパスとは、ベンゾジアゼピン系に分類されるクスリで、効果は不安や緊張感を和らげてくれるものとなっています。
効果が強く、半減期も短いため、自然と服用量が増えてしまい、長期連用につながりやすく、依存性が多いと言われています。
医師の指示通りに服用をすればそこまで依存性を気にする必要はありませんが、決められた期間や量を守らない場合、依存してしまう場合があります。
特にうつの症状が辛いときなどの補助薬くらいに思ってしようすることが最も良い服用方法です。
種類も多く、症状によって合うクスリは異なるので、医師と相談しながら慎重にクスリを選択してみてください。